親類の葬儀に行ってきた 4月30日、5月1日

としちゃんの6歳上の兄嫁が先月末に自宅で娘たちに見守られなくなった。

30日に通夜、翌1日に告別式があった。

久しぶりに懐かしい人達に会い話をしていた、中には誰だか分からなくなている人もいたようだっ たが良い顔をしていたように見えた。

その場で私に良くしてもらってるんでしょ、嬉しいねとか言われると笑みを浮かべていた。

いつもは食事量など気にしていたが、この2日間はご供養の御馳走が出たので食べすぎかなと 思うこともあったがうるさいことは言わないことにして見守ることにした。

この2日間は昼寝することもなく起きていたので葬儀の後は少し疲れているようだった、。
少し食べすぎたせいか今朝の血糖値は135だったが以前のように150を超える事が無くなった のは普段から血糖値をコントロールできている結果だと考えられる。

    38度を超える熱、5月4日

この日の夕方に37.5度をだす、アイスノンで様子を見る。

翌日の朝には平熱に戻ったが昼に37.6度、3時に38.2度に上がったので(カロナール) 解熱剤を飲ませ1時間おきに体温を測り経過観察、18時には36度台にまで下がった。

さらに翌日(6日)尿路感染症が心配されるので病院に連れていき診察を受ける。
インフルエンザの確認(−)をして(レボフロキサシン)抗生剤の処方を受ける、この薬が大きくて 一度で飲めないので2つに割りほかの薬と合わせて1個づつ飲んでもらっている。

1個づつ飲むことにとって水分補給、誤嚥の予防を図っている。

    としちゃん頑張る、5月7日

熱が下がったばかりなのに近所の大型スーパーに歩いて行ってきた。

いつもは車いすで行っていたのを今日は手を引いて自分の足で行った。
少し辛かったのか途中で腰が痛いと言い休み休みだったけど1時間くらいかけて買い物に、 スーパーの中では椅子に座り買い物が終わるまで待っていてもらって帰りも休み休み頑張って行ってきた。

    眼底検査 5月10日

9カ月ぶりに眼底検査を受けに近くの眼科に行ってきた。
その眼科には2011年の6月に初めて受診、きっかけとなったのが同年5月に下血がありその際 の血液検査で糖尿病の値(A1c)が10を超えていて緊急入院でも間違いはなかったが通院での 治療となったので念のためと思いこの眼科を受診することにした。

初診の結果糖尿病網膜症の診断を受け、このまま治療しないでいると2,3年で失明の可能性 が大きいと言われ大学病院を紹介されそちらでの専門治療を受けることとなった。

大学病院で4年半をかけレーザー手術を各眼2回を1年半の間隔をあけ2回を行いその後1年 程度の経過観察で終療となった後紹介元の今日行ってきた診療所に戻り6カ月に1回程度の受 診を続けている。

    狭心症検査入院 5月13日〜14日  写真は手術着

今回の検査は昨年行ったステント術後の経過検査で新た に4カ所の狭窄があり2カ所にステントを入れた。

今回新たに左前の冠動脈に見つかった2カ所は外来で 近日中にステント術の日程を打ち合わせする事に。

もう1泊すれば左前の冠動脈も手術できるけど緊急性は ないので母の介護もあるので担当医と相談し後日にして もらうようお願いした。

    狭心症検査入院 5月13日〜14日  退院前

手術を終えた翌朝、カテーテルを入れた処の器具や点滴 チューブが外れたが手首に力をかけると少し痛みがある

カテーテルを入れたのは手首に近い処、点滴は15センチ くらい肘に近い処から、手に持っているのは心電モニター の送信機で波形はナースステーションで管理している

昨日のうちに退院後の処方薬を5週間分もらっているので あとは着替え、会計をして帰るだけとなった

    血液検査に行ってきた 5月16日

4月の24日に採血できなくて連休明けにと考えていたが熱を出 して抗生剤を飲み終わるのを待っていたので今日になった

8時30分に診察券だけ先に出しに行ったら、すでに多くの患者 さんがいて10番目になってしまった(家に帰る)

としちゃんに10番目だから10時30分頃に家を出れば大丈夫 だよと言ってもう少し待たせる。

家を出て診療所、問診を受け採血へ。

今日は前回と違い1回で採血できてとしちゃんも嬉しそうな顔になった、その帰りスーパーで買い 物をして家に着きすぐに食事にした。

    血液検査の結果 5月18日

検査の翌日(17日)結果を聞いてデータを受け取ってきた。

1番に気になっていた中性脂肪値は処方薬(ベザフィブラート)の効果で900超えから220まで下 がっていた、血糖値A1cも7.6から6.8まで下がっていた年齢・認知症等を考慮すると基準 値内といって良いと言える。

血糖の管理は、たまに90を切る事はあるが現状のまま進める事(主治医と話し)にした。

就寝前の薬(デパス、レンドルミン)の内、昨年末にレンドルミン(睡眠薬)をやめデパス(後発)の エチゾラム(安定薬)のみにしたことで日常の生活にも良い影響が出てきているように感じる。

薬剤師からレンドルミンは常習性が出たり認知症に悪い影響が出てくる可能性が高いと言われ た

    血液検査 5月28日

糖尿病の定期血液検査に行ってきた。

去年の秋頃に基準値内に下がったがその後少しずつ戻り今月7台にまで悪くなってしまった。
1日の推移を確認するために朝食前、食後の4回(11時、15時、19時、22時)を測定

検査日から1週間を過ぎた結果で分かってきたのが1日の中で血糖値の高いのが11時頃なの がわかってきた、また気分にさほど変化が無いものの低血糖(60)程度になるのが朝食前であ ることが分かってきた。

当分の間このまま測定を続けていきたいと考えている